何かとテレビ

テレビで話題の情報や面白いネタを書いていきます

探偵ナイトスクープ 2014年11月21日放送分


スポンサーリンク

今回の放送は感動回となります。
なんか異世界のように浮いたくだらないネタも含まれていますが。笑
というわけで、今週は新たな名作が生まれたんじゃないでしょうか。

こちらが今週放送の三本のタイトルです。

1. 人生の壁を登る   (澤部佑探偵)
2. 夫からのラブレター (橋本直探偵)
3. 右手と左手の決闘  (間寛平探偵)

(参照:朝日放送 | 探偵!ナイトスクープ

依頼文のまとめと検証

探偵ナイトスクープに寄せられた依頼文をざっくりとまとめて
独自にネットの情報を駆使して解決できないか検証していきます。

1. 人生の壁を登る 澤部佑探偵

兵庫県の男子大学生グループが恋愛や将来の夢について語る中、一人が防波堤から飛び降りる。
なかなか登れないのでみんなは驚く。元野球部が全員試すが登れない。プライドが傷つく。
この大蔵海岸の防波堤を「これは人生の壁だ」と一人が言った。どうか登れるようにしてください。

人生の壁だと思うなら探偵ナイトスクープに依頼せず
どうにか自分たちで乗り越えないと。笑
さて、大蔵海岸の「登れない防波堤」とはどういうものなのか
とりあえず画像検索で色々と探してみました。
f:id:nyaaanyaaa:20141121165349j:plain
(参照:アジのサビキ釣り : フエー01

依頼文には、飛び降りた地面が平らなコンクリートだと明記されていたので
この画像ではなさそうですが。登れない防波堤って、なんか怖いですね。
ざっと目を通した感じ、結局それっぽい画像は見当たらず、あまりよくわかりませんでした。
そしてYouTubeで動画を探してみたところ、それっぽいのを見つけました!

大蔵海岸 - YouTube

良い景色ですね。
多分この38秒あたりで見える平らなコンクリートなんじゃないかと。
でも「これより先 立ち入り禁止」と書いてあるので、どうなんでしょう。
というか、どうして登れないのか、そこが気になります。
壁がツルツルで滑りやすいのか、はたまた高さが絶妙で憎たらしいのか。幽霊の仕業か。
その辺が一番の見どころかもしれません。いや感動回だったらごめんなさい。笑

2. 夫からのラブレター 橋本直探偵

結婚する前からラブレターを妻に書き続けた大阪市のサラリーマン。
ある日、ラブレターを引っ越しの際に捨てられたと知り落胆。
そこで、世の奥さんがラブレターを残しているのか調べてほしい、との依頼。

もうラブレターというキーワードから感動の臭い匂いがプンプンしますね。
きっと今回の調査で、気持ち悪いものから素敵なものまで色々と見つかったことでしょう。
そんな感動回必至の依頼に対抗すべく
ネットで既婚女性が公開している夫のラブレターを探してみました。

さっそく見つけたのがこちらの日記
ちょっとした感想も添えて
旦那さんからのラブレター。|~天国からの1週間~天使ママのブログ。
イラストが素敵すぎて泣いてしまいました。
面白半分で探していたことを後悔。本当に素敵なラブレターです。

続いてはこちら
旦那からのラブレター(*^^*) | のんびり&まいぺーす | ベビカム
喧嘩が理由で、付き合っているとき以来のラブレターだそうです。
これを機に仲直りしたとの事。微笑ましいですね。

最後はちょっと変なラブレター
あがく50女!!:旦那からのラブレター! - livedoor Blog(ブログ)
メールで、しかも自分の言葉じゃないけど、ユニークで愛嬌があります。

3. 右手と左手の決闘 間寛平探偵

沖縄県35歳の男性。幼稚園時代に自分だけファミコンを買ってもらえず
暇つぶしにドラゴンボールを意識しながら右手と左手を戦わせる遊びを考案。
フィナーレに相応しい舞台で30年の戦いに決着をつけたい。

さあ、アホすぎる依頼が舞い込んできました。
かくいう私も高校生くらいまで両手バトルに没頭していたので
少なからず共感できたりもするわけです。
この探偵ナイトスクープの依頼内容からは
どんな攻防が繰り広げられているのか想像つかないですが
私の場合は右手が攻撃、左手が避ける側、とキッチリ役割分担していました。
(逆だと何故か手が絡まる)
この依頼者、35歳の今まで続けているなんて、やっぱり私から見てもアホです。
しかも奥さんに愛想をつかされているそうです。そりゃそうだ。
というかフィナーレに相応しい舞台って、まさか
闘技場のリングで戦うとかですかね?
以前あった「プロレスを観戦したいおばあちゃん」の話で
めちゃくちゃ号泣したのが、まだ記憶に新しいですが
この不毛な戦いに感動は生まれやしない。でも凄く見たい。
とても探偵ナイトスクープらしい、おバカな依頼だと思います。

じゃあ、他にも同じ遊びをしている人がいるかもしれないので
ちょっと探してみることにしましょう。

なかなか見つかりませんでしたが、とりあえずありました
[無料電子書籍]ヒマ - 小説

心を無心にして自分の両手で戦わせるジャンケン

もっとたくさん見つかると思っていたのですが。。。
今回の依頼者さんは凄く稀な逸材なんだと気付かされました。

放送が待ち遠しいですね!