何かとテレビ

テレビで話題の情報や面白いネタを書いていきます

旭川のゲソ丼(蕎麦屋)について 人気店舗の紹介、作り方など


スポンサーリンク

先日、秘密のケンミンショーに関する記事で取り上げた中の
『旭川市周辺の北海ドーミンは、地元の海鮮1品をテンコ盛りした“謎の激安丼”が大好き!?』
というコーナーからゲソ丼に行き着いたわけですが、ここで改めて旭川とゲソ丼について詳しく綴っていこうかと思います。
とにかく安くて新鮮で美味しいのでオススメです。

【目次】
1. 発祥
2. 簡単レシピ
3. 有名店の紹介(値段や住所など)

発祥

ゲソ丼とは、旭川市周辺で一般的に食されているご当地グルメです。
まだ割と歴史は浅い方ですが、観光客からも根強い人気があります。
天丼というよりはから揚げ丼に近い感じですね。見た目はかき揚げ丼っぽいです。
発祥は岩見沢市で蕎麦屋を営業していた「小もろそば」と言われていますが、当時その地域で普及はしておらず、発祥の地として挙げられていません。
ですが、旭川市でゲソ丼を扱う店も軒並み蕎麦屋であることから、小もろそばの影響により旭川で広まっていったのではないかと推測されています。
人気があった小もろそばは、残念ながら2014年2月に閉店してしまいました。

一方、旭川市での発祥は立ち食い蕎麦屋『天勇』だと言われています。
1981年創業で、天丼などと一緒にメニューに並んでいます。
こちらも人気が高く、幅広い層に愛されているお店です。

そして、ゲソ丼の火付け役となったのは同じく立ち食い蕎麦屋の『花ちゃん』。
2008年に北海道新聞やライダーの雑誌で取り上げられ、瞬く間に広まりました。
今となっては、ゲソ丼は旭川になくてはならない存在です。

簡単レシピ

まず、ヤリイカもしくはスルメイカのゲソに片栗粉をまぶします。
次にフライパンに油を多めに敷き、焼くように揚げていきます。
温度は低めで、なるべく時間をかけて柔らかく仕上げるのがコツです。
揚げたゲソをごはんの上に乗せます。
醤油・みりん・砂糖・料理酒を、同じ割合で混ぜたタレを煮詰めて上からかければ完成です。

有名店の紹介(値段や住所など)

北海道旭川市でゲソ丼を提供している人気店と一部のメニューを紹介します。

【天勇】
かけそば 300円
げそ丼 350円
げそ天そば 450円
げそ天(持ち帰り用)150円
0166-23-6736 北海道旭川市5条通7丁目右2 - 1
天勇 (てんゆう) - 旭川/そば [食べログ]

【花ちゃん】
げそ丼 400円
げそ丼ミニそばセット 500円
090-3019-7296 北海道旭川市神楽4条3-2-7 神楽中央ショッピングプラザ 1F
花ちゃん (ハナチャン) - 旭川/そば [食べログ]

【どんや】
みぞれげそ唐揚げ丼 390円
みぞれげそ唐揚げ丼ダブル 580円
0166-34-8713 北海道旭川市豊岡六条4-4-18 旭プラザビル 1F
どんや 豊岡店 - 南永山/丼もの(その他) [食べログ]